これであなたも上手くいく! お見合い時の振舞い方 (後編)

いつもありがとうございます!!

日本結婚相談所連盟 加盟結婚相談所 迷える婚活男女の為の結婚相談所ドキドキ

アラサー、アラフォー男女の本気の婚勝(活)支援!!

横浜の結婚相談所 愛デザイナーズ 牧野雄介です。

 

だいぶん間が空いてしまいました。。。もう皆さんに忘れ去られている気がしますが、ひっそりと更新しますてへぺろ

さて、本日は【これであなたも上手くいく!! お見合い時の振舞い方 (後編)】を、前編を少し掘り下げて発信いたします。

 

お見合いをしていると、『な~んかこの人と合わないなぁ。。。。』となることがあります。

これは誰にでもある事なのでたいして気にしなくてもいいのですが、さっさと席を立って帰ってしまうのはNGです。

90分くらいは我慢して一緒にいる努力が必要です。

 

『えええぇぇぇぇぇぇっっっガーンガーンガーン

 

 

という声が聞こえてきそうですが、初対面のお相手に気を遣う行為は当たり前のことです。せめて、『この方のための90分!!』と思い、楽しく過ごすように努めるのも大人のマナーだと私は思います。

下ばっかり見てうつむいていたり、外をボ~ッと眺めていたり、ましてはスマホを取り出したりしては絶対にダメです。

ここは【コミュニケーションの練習の場所】だと意識を切り替えて、できるだけニコニコ笑顔に徹しましょう。

 

自分自身が『こんなにつまらない、合わない人は断ってしまおう。。。』と思っていたお相手に、まさかの向こうからもお断りを入れられたとしたら、それはそれでショックなものです。。。

せっかく御縁あってであった人な訳ですから、その場限りで2度と会わない方だとしても、ムスッと不機嫌な態度で嫌われるより笑顔で気持ちよくサヨナラした方が精神衛生上良いですし、双方の相談所(仲人さん)にも印象が良くなり、確実に出会いの幅が広がってきますグッド!

 

 

2杯目のコーヒーも殻になってきた頃、感触が良くても悪くても【これでお別れ】という流れであればそのまま互いにお礼を言って別れます。

もしも男性がもっと話したい、一緒にいたいと思った時には、『今日はこの後、お時間は空いておられますかはてなマーク』と思い切ってお伺いしましょう。

女性が『いや~。。。ちょっと~。。。』というような反応を見せた場合は、潔く『そうですね!』と引き下がります。

この場合、女性はあまり男性に好印象は持っていません。。。。

女性が本当は一緒にいたいけど本当に予定があって都合が悪い場合は、『本当に残念ですが、今日はこの後友人と会う予定があって。。。』など、理由を言ってくれることが多いです。

 

このような返答の場合は、男性が交際申し込みをすると女性から受理してくれる確率が高いです。

ルンルンスキップで家路につきましょう音譜

 

もしも、女性の返答が『この後、空いてますドキドキ』であったら、迷うことなくどこかへ誘いましょう。

行先は健全な場所に限りますが、全く種類の違う選択肢を最低でも3つは用意しておくと良いです。

例えば、【近くにある美味しい食事ができる店に行くか、映画に行くか、水族館に行くか。』程度で構いません。

初対面なので、女性がどんなことが好きなのか、興味があるのかわかりませんし、どこまで付き合ってくれる気があるのかも未知数です。

選択肢を広げて女性に選んでもらうようにすると、独りよがりにならずに上手くリードが出来ます。

『どこでもいいですぅ~ドキドキ』と言われたときは、女性がヒールを履いていたらあまり歩かないところ。とか、夕食時なら美味しいお店。など、女性自身から分析してアプローチするとGoodですチョキ

お相手の立場に立って、最高の思いやりを実行に移していきましょうね!!

 

 

 

【これであなたも上手くいく!! お見合い時の振舞い方 (後編)】いかがでしたかはてなマーク

簡単なことのようで難しいのかもしれませんが、皆様のヒントになれば幸いです。

 

次回は、【お見合いの後、仲人への報告が大切です!!】について発信いたしますチョキ

お楽しみにウインク

 

本当に結婚を考えておられる方、出会いがない、時間もない方、ほかの相談所ではなかなかうまくいかなかった方!!

人生をかけてご相談、ご入会くださいませm(_ _)m

私も人生をかけてご成婚にお導き致します!!

是非とも日本結婚相談所連盟 愛デザイナーズで素敵なお見合いをし、あなたにとって人生最高のお相手に巡り合いましょう音譜

 

では今日の前編はこの辺でm(_ _)m

※参考 山田由美子先生 必勝婚活メソッド

応援よろしくお願いします。
いいね ! してもらえると嬉しいです。

お気軽にお問い合わせください

はじめの一歩は、勇気の必要なことだと思いますが、相談員が親切丁寧にご回答させて頂きます。